TV番組のやらせ発覚も多いがユーチューブも…ね?(2019年5月7日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

楽しければ別に良いのかなとも思う

こんにちは。おつまむです。昨日は飲みに行ってしまい記事を更新できませんた。すいません。初手謝罪安定

という事で、今日はTV番組のやらせをまとめた記事が有ったので、それに絡めた私が思う事を書こうおと思います。「面白いを追求しすぎた結果? 疑惑紛糾した「ヤラセ番組」ランキング」というネット記事をたまたま見つけました。(面白いを追求しすぎた結果? 疑惑紛糾した「ヤラセ番組」ランキング

その記事内では、ほこ×たてがやらせで番組が打ち切りになったり、笑っていいとも等でもやらせがあった事等が紹介されています。ちなみに、笑っていいともの場合は、タモリの見事な機転でその場をきりぬけており、やらせよりそっちの方が流石だなと感心してしまいました。私の中でやらせ番組と言えば、「発掘!あるある大事典」である。この番組はとても人気で、昔スーパーで勤めていた母が、この番組で紹介された食品は、次の日確実になくなると言っていました。

それほど、影響力がある番組ですが捏造疑惑が持ち上がり、その後内部調査が行われ、やらせが発覚、打ち切りの流れになりました。

さて、それでは本題。最近はユーチューブの規制が激しくなり、TVと段々似てきてしまったと思う人も多いと思います。そりゃそうでしょ。だって、TV番組に似たような企画ばっかりやってますやん。

勿論そうではないユーチューブのチャンネルも多いのですが…。そんな事もあってか、TVでもやらせが横行している様に、ユーチューブでもこれやらせじゃね?と思う動画も沢山あります。実際に、やらせが発覚したものもありますね。

例えば、喧嘩を売ってきた視聴者と電話で口論し論破したみたいな動画がありまして。電話番号を本当はモザイク付きで投稿するはずが、モザイクを掛け忘れ、ファンがその番号に入電。実際やらせなので、事情を知らないその人に多大を迷惑を掛ける事になりました。

また、とある有名なユーチューバーの動画もやらせ動画じゃね?と思う動画ばかりです。ちなみに、その人は「やらせの時もある」と明言。「だけど察しろ。私はあえて言わないけどな!てか普通に考えればわかるだろ!」的な発言をしています。
実際この人の動画は結構好きで見ていますが、まぁほぼやらせなんだろうなぁと思って見ていたので「あーやっぱり」と思いました(小並感)。
てか、こんな詐欺まがいな事を言われて良くファンは怒らないぁと少し関心してしまいますし寛大すぎじゃないですか?

でもその人の動画を見てしまうという矛盾!ハッ…ほこ…たて…うっ…頭が…私はアンチではないのでご安心を。あっ、ハイ。ご安心です。

そんで、この詐欺師じゃなくて大物ユーチューバーとつるんでいるユーチューバーも面白くて。やらせとは関係なく、詐欺師は詐欺師を呼ぶのかってぐらい過去ヤバイ事をしていたユーチューバーがでてきます。

その中の一人が、詐欺師と実際にあって口論するという動画をあげていました。これも結構面白くて、おそらく台本で話を進めているのですが…「公(おおやけ)の場」を「こうの場」と言ってしまった時は流石に草が生えすぎて、花が咲きました。ちなみに、その人の動画の概要欄には、エイキストラを使用している事の有無がちゃっかり書かれていたりして。流石に、動画の概要欄に注意喚起されているのですから、信じる人はいませんよね?

詐欺に遭わない様に注意!

とまぁ、やらせが発覚してしまい、打ち切りになるTV番組もありますが、大体人に迷惑を掛けるのがいけない訳で。
あと、あからさまに「やらせ」だと分かる企画と動画は逆にほっこりしますよね。ですけど、シリアスな中で、ガチ感を出してやっているのにも関わらず、やらせが発覚してしまうとそりゃあ批判も浴びますよ。
ただ、個人的にはそんなガチ感をだしている動画や企画でも!「おおやけ」を「こう」と呼んでしまっても!どうせやらせなんだろうなという考えの基に楽しめれば良いのです。
ですが、信者になり過ぎて詐欺の被害に遭う事には注意です。ユーチューブを見ていると、怪しい商材屋とかも結構いますし、SNSでもバイナリーの講師やらFXの講師やら沢山いますので。そう考えると、身近に詐欺師みたいな人って沢山いますね。