ソロキャンのチェアどれにしよう…人気のチェア3つ調べる(2019年4月3日カル〇スブログ)

このブログ記事(カル〇スブログ)には以下の成分が含まれます。

おつまむ
おつまむ

高い頻度でブログを更新するので内容が私の実家のカル〇ス並に薄いです

カル〇ス
カル〇ス

仕方ないね

おつまむ
おつまむ

インスタ辞めちゃったけど、インスタの最大文字数の半分ぐらいはがんばって書きます

カル〇ス
カル〇ス

インスタでは最大約2200文字打てるらしいよ。

内容は再度申し上げると薄いです。許してね。カル〇スだからって嫌らしい意味はないよ。スタートダヨー!

理想とするソロキャンプの為にチェアもそこそこに拘りたい(勿論コスパ重視)

こんにちは。おつまむです。今日から本気を出すと言ったな!あれは嘘だ!
なんやかんや寝たりユーチューブみたりしてたら、もう4時になってしまった。さらに、飲みに行った日のブログ記事も遅れているので、どこかで巻き替えさないと行けないというのに…。
とまぁ、私の対した事ない悩みは置いといて…今回はソロキャンプに必要なアイテム「チェア」を調べてみました。勿論いつも通り3選しておみました。やったぜ。

ソロキャンプにおいてのアイテム選びについて重要なポイントは、「コンパクト」と「軽量」が重要なポイントと考えます。
理由は分かるとは思いますが、ソロキャンプにおいて荷物を運ぶのは自分一人ですし、荷物の運ぶ手間が多いと楽しいキャンプがストレスになるからです。
ですが、チェアに関しては、そこの常識を少し破ってみようかなと思います。
私がソロキャンプをしたい理由としての目的の一つに「焚き火」の良さを味わいたいという理由もあります。
焚き火の神秘的な火の中で、本をみるのも良し、アニメを見るのも良し。ですが、座っているチェアが持ち運びばかりを意識するあまり、リラックスできないのはダメでしょう?
また、初のソロキャンプという事ですが、圧倒的に予算が少ない。んで、テントとかも大きくなってしまいそうですし、荷物も増えそうなのです。なので自転車での移動は諦めました。
そう、車を使います。なので、チェアが多少大きくなっても問題なし!ただ、重さはできれば1キロ前後に抑えたいなと思っています。(無理でした)それらを加味して3つの私のソロキャンプにとっとおきのチェアを3つご紹介します。

ソロキャンプチェア候補①…コールマン・ファンチァア

特徴…価格・2435円、重量・2.2キロ、使用時サイズ・約45×54×66(h)cm、収納時サイズ・約15×13×68cm 耐荷重・約80kg、座面高・約31cm、座面幅・約45cm
気に入ったポイント…ドットが好き。以上。という冗談はおいといて、普通にドットも好きですが、単純に高さが焚き火をやるにはいい感じの高さかなと思ったのです。価格も2000円中盤ぐらいで許容範囲ですし、「コールマン」というメーカーの信頼度が高いというのもあります。
重量が2.2キロと少し重さがありますが、車の移動であれば割とそこまでのストレスにはならない重さといえます。

ソロキャンプチェア候補②…キャプテンスタッグ・パレットラウンジチェア type2

特徴…価格1031円、重量:・(約)2.3kg、耐荷重:・(約)80kg、サイズ:・(約)幅82×奥行51×高さ80cm、収納サイズ:・(約)14×14×長さ84cm、座面の高さ・ 36cm
気に入ったポイント…価格が安い!あとドリンクホルダー付きで、重量も2.3キロとそこそこなのも嬉しいポイント。カラーも結構選べるの嬉しい点。今アマゾンでみているのだけど、カラーによって価格が違うみたいですね。オレンジとブルーが1031円という事。どっちも好きなカラーやないかい!

ソロキャンプチェア候補③…Moon Lence・アウトドアチェア

特徴…価格2899円、重量907g、使用時サイズ56×61×66cm、収納時・35.5×12.7×8.9cm耐荷重110kg
気に入ったポイント…もうこれで良いんじゃないのかな。重量が1キロ切り!そしてめっちゃコンパクト!サイズは少し小さめですが、焚き火には結構良いサイズ。価格が3000円近くしますが、耐荷重が非常に高く、信頼性も高い!組み立て式で、面倒そうにもみえますが、意外に組み立てもしやすいチェアではないのかと。

ソロキャンプを楽しむのであれば多少の常識外れな事も

という事で、ソロキャンプに使おうかなと思っているチェアを3つ厳選しました。「ソロキャンプのチェア~選」みたいなまとめ記事だとまず、上2つはご紹介されないでしょうね。やっぱり重量1キロを切らないと、ソロキャンプでっはなにかと不便ですから。
ですが、私がソロキャンプを楽しみたい最大の理由はやはり「焚き火」です。焚き火が殆んどの目的でありますので、くつろぐチェアというのはしっかりしたチェアが良いと考えました。
まぁ、元々は自転車での移動を考えていたのですが、予算的な問題から難しくなってしまいまして…なんせ、高性能なアイテムを「小さく」「軽く」するのはどんなアイテムでも技術がいります。そりゃあ高くなりますがな。
とまぁ、今日はソロキャンプに持って行くチェアを少し調べてまとめでみました。

違う記事も進めて行くスタイル(内部リンクはブログの基本ですね)

ソロキャン。焚き火台3選(ノーブランド)(2019年3月28日カル〇スブログ)
ソロキャンプのテント?コールマンでしょ(2019年3月22日カル〇スブログ)
今年はソロキャンプに行こうと思う!テントは…DOD!(2019年3月8日カル〇スブログ)